三井物産エアロスペース株式会社

東北電力㈱の新ヘリコプターとしてAW169型ヘリコプターが就航

東北電力㈱の新ヘリコプターとして、当社取扱いの最新中型ヘリコプターAW169型ヘリコプター(以下「AW169」という)をご用命いただき、今般、納入いたしました。
11月1日(火)に、AW169を運航する東北エアサービス㈱の格納庫で、同機の安全確保と安定した運航を祈念し就航式を執り行いました。
同社では主要業務である送電線巡視のほかに、近年多発している大規模災害を想定した人員輸送や物資搬送を可能な機体として同機を選定。あらゆる活動に対応できる広いキャビンスペース、 最新鋭の自動操縦機能と高い安全基準による設計を評価されました。
東北電力株式会社は日本の約5分の1と大きな面積を送電エリアとしており、多くの山岳、長い海岸線、離島等と地勢は多様性に富んでいます。AW169はこれまでの現行ヘリコプターに比べ、機器類のデジタル化により操作性や安全性が向上、また高いパワーと性能を有しており、同社のご期待に沿えるものと確信しております。
当社は皆様の運航が充実するよう部品の供給、操縦・整備訓練の提供等のアフターサポート体制を充実して参ります。

一覧に戻る

TOPICS