三井物産エアロスペース株式会社

営業日記 Falcon 8Xによるデモフライトを実施しました

4月中旬、東京国際空港(羽田空港)にてデモフライトを実施しました。
使用機材は、Dassault Aviation社のフラッグシップ、Falcon 8X。3発エンジンが特長で東京-パリ・ニューヨークまでノンストップフライトが可能です。
お客様に機体の性能や快適性を実感して頂くために、寄港地の設定、離発着スロット、機内食、当日の天候を考えデモフライトルート等を営業担当自らグランドハンドリング(空港地上支援業務)会社と調整しデモフライトを企画して行きます。
この日は、羽田空港と成田空港の往復。行きは、盛岡上空経由成田空港まで約1.5時間、帰りは羽田空港までわずか15分のデモフライトを実施しました。営業担当も機体に乗り込みますが、フライト中は飛行機の説明を行うため、ビジネスジェットの快適性を味わっている時間はまったくありません。しかしながら、デモフライトを終え、エンジンがシャットダウンしたあとの一瞬の静粛感の後に込み上げる達成感は、この仕事のやりがいを感じるときでもあります。 日本のビジネスジェット市場拡大に貢献して参ります。

一覧に戻る

TOPICS