三井物産エアロスペース株式会社

Tel Aviv Universityの超小型衛星「TAUSAT-1」 を搭載したロケットが2月21日打上成功

三井物産エアロスペース株式会社(所在地:東京都千代田区以下「当社」)が、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟から宇宙への放出手配を請負った、Tel Aviv University(所在地:イスラエル テルアビブ市 「テルアビブ大学」)の超小型衛星「TAUSAT-1」が、米国バージニア州NASAワロップス飛行施設に於いてISS補給船NG-15/Cygnusに搭載され、2月21日(日)午前2時36分(米国現地時間 2月20日(土)午後12時36分)にアンタレスロケットにより無事打上が成功しましたのでお知らせします。

NG-15/Cygnusはその後順調に飛行を続け、日本時間の翌日22日午後6時40分頃にISSに到着し、TAUSAT‐1が無事にISS船内へ収容されました。今後宇宙空間に放出された後、宇宙線測定等の複数の実験が行われます。

当社は航空宇宙防衛専門商社として社会の安心と安全に貢献する製品・サービスを提供する一方で、急速に商業化の進む宇宙の分野に於いても、ISS「きぼう」からの超小型衛星放出サービスの提供を始め、宇宙の民間利用の普及に貢献する様々な取り組みを国内外で推進中です。宇宙がより身近になる中で、多くの方々が手軽に宇宙にアクセス出来る宇宙ビジネスを拡大して参ります。

■TAUSAT-1について
TAUSAT-1はテルアビブ大学の学生・研究者が主導して設計・開発・製造し、打上前の各種試験も同大学内で行った3UサイズのCubeSatです。宇宙に放出された後、軌道上で複数の実験が予定されており、特に宇宙線測定が注目されています。宇宙線に含まれる放射線は人体や電子機器に悪影響を及ぼすと言われており、TAUSAT-1によって収集された情報により、宇宙飛行士と宇宙空間で使用される電子機器の保護に関する研究が進展することが期待されております。

■関連リンク
打上のライブ映像©NASA(37:02より打上映像をご確認頂けます)

TAUSAT-1についてのテルアビブ大学ニュース(英文):

■三井物産エアロスペースについて
昭和 57 年の会社設立以来 30 年以上に亘り、「航空宇宙・防衛の専門商社」として、ヘリコプターや航空機、防衛関連機器の輸入販売業務を通じ本邦の航空業界の発展や安全保障の向上に寄与して参りました。現在では輸入販売に留まらず、情報技術、物流技術、金融技術などを駆使し、航空・防衛・宇宙に関するお客様の幅広いニーズに適確にお応えできるビジネスソリューションを提供しております。

一覧に戻る