三井物産エアロスペース株式会社

テロ対策特殊装備展(SEECAT)2021に出展致します

当社は、テロ対策特殊装備展(SEECAT2021に出展し、米国Teledyne FLIR社製中距離監視用HDサーマルカメラ「HDC-MR」、米国Umbo CV 社(Umbo社)製クラウド型AI映像解析システム、独Dallmeier 社製超高解像度複眼カメラ「Panomera」、及びイスラエルEL-FAR社製フェンスセンサーを展示致します。

Teledyne FLIR社のHDC-MRは、HD解像度のサーマルカメラで、従来の製品と比較しより精細な映像を撮ることが出来ます。また、水平垂直旋回が可能なフルHDの可視カメラを搭載し、昼夜問わず施設周辺を広範囲に監視することが可能となります。

Umbo社のシステムは、人間の検知に特化した「 “Light A.I.” 映像解析用AIエンジン」と「 “AiBullet” カメラ」で構成され、、屋内外やカメラ設置位置を問わず草木や照明の変化の影響による誤警報を防ぎつつ、高精度の人検知が可能です。クラウドとニューラルネットワークを活用したワンストップシステムで、AI映像解析や監視カメラの映像録画に大がかりなサーバーやレコーダーを必要とせず、初期費用を抑えつつ高品質な監視、録画、映像解析が可能です。

Dallmeier社の超高解像度複眼カメラシステム「Panomera」は、単眼カメラの有効画素数換算で1億画素を超える超高解像度のカメラであり、一台で広大な監視エリアをカバーしつつ、近傍~遠方まで精細な映像を表示できるユニークなカメラです。

イスラエルEL-FAR社製 振動フェンスセンサーシステムは、従来型振動フェンスセンサーでは誤警報が頻発する強風などの条件下でも独自のアルゴリズムで監視エリア毎に振動感度や検知回数を動的に設定することで、より正確に異変を感知すること可能です。

ご来場の皆様の弊社ブースへのご来訪を心よりお待ちしております。

 

会期:20211020日(水)~22日(金)10時から17

場所:東京ビックサイト 青海展示棟(東京都江東区青海1丁目233号)

URLhttps://www.seecat.biz/index.html

当社ブース場所:ホールB BA-01

一覧に戻る