三井物産エアロスペース株式会社

人類史上初!?「宇宙を翔ける熊手プロジェクト」 地球をまわって福をかき集める“スペシャルな熊手”を 11月9日(火)浅草酉の市で発売!

三井物産エアロスペース株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大杉定之、以下「当社」)は、新たな成長分野として注力する宇宙事業の基幹案件として「国際宇宙ステーション日本実験棟”きぼう”からの超小型衛星放出事業(J-SSOD事業)」を推進しています。J-SSOD事業を大学、研究機関、宇宙関係企業だけでなく、より幅広く企業や一般消費者にも利用いただくため、「宇宙を翔ける熊手プロジェクト」を始めます。

本プロジェクトは、新型コロナウイルスの早期収束と、コロナ禍のあおりを受けた商売の復活を願い、創業明治三年、熊手の生産量全国トップシェアを誇る老舗メーカー「面亀」の宇宙にひとつしかないオリジナルの熊手を超小型衛星に搭載し、宇宙へ放出するという壮大なものです。

この縁起がいいスペシャルな熊手は119日(火)販売開始予定です。


■宇宙を翔ける熊手プロジェクト:

当社は、2019年からJ-SSOD事業を推進しており、20212月に2機の超小型衛星を初めて宇宙に放出しました。「宇宙を翔ける熊手プロジェクト」を通じて、J-SSOD事業をより幅広く企業や一般消費者にご利用いただくことを目指します。

「宇宙を翔ける熊手」は、老舗メーカー「面亀」との協力で製作する、宇宙にひとつしかないオリジナル熊手です。購入者さまには宇宙へ送るオリジナル熊手の他に、地上でまつることのできる同一の熊手をご提供します。宇宙に送るオリジナル熊手は、購入者さまにご購入いただいたあと当社が引取り、当社が独自に開発・製造する10cm立方の超小型衛星に搭載します。オリジナル熊手を搭載した超小型衛星は購入者さま立ち合いのもとJAXAへ引渡し、ロケットによる打上げを経てきぼうモジュールに運び、きぼうモジュールから宇宙に放出します。

放出された熊手は、半年~1年程度宇宙の福をかき集めながら高度約400kmで地球をぐるぐると翔けめぐり続け、徐々に高度を下げて大気圏できれいに燃え尽きます(宇宙よごすことはありません)。

 

■購入方法

購入方法:購入ご希望者は、11/5(金)1700までに下記ウェブサイトよりエントリーしてください。詳細をご案内いたします。     

公式サイトURLhttps://mba-space.com/kumade

 

■株式会社 面亀について

明治3年(1870年)創業、埼玉県所沢市で5代続く縁起物総合メーカーです。

おかめの面描きを祖業とし、熊手・だるま・神輿等、縁起物の企画・製造・販売を行なっております。昔ながらの伝統的な縁起物から、様々なオーダーに合わせたオリジナル製品まで手作りにこだわった製品を作り続けております。

 

■三井物産エアロスペースについて

1982年の会社設立以来 約40年に亘り、「航空宇宙・防衛の専門商社」として、ヘリコプターや航空機、宇宙・防衛・セキュリティ関連機器の輸入販売及び関連サービスの提供を通じ、日本の航空宇宙業界の発展や安全保障に貢献して参りました。情報技術、物流技術なども取り入れ、お客様のニーズにより幅広く、的確にお応えしていきます。(三井物産エアロスペース株式会社 宇宙事業Website: https://mba-space.com/

 


一覧に戻る